Google

サポート&コンタクト

よくあるご質問

購入したいので販売店・購入方法を教えてほしい
最寄りの弊社海洋・河川事業部各営業部にお問い合わせ願います。お問い合わせはこちらまで。
レンタルはやっていませんか?
弊社ではレンタルは行っておりません。レンタル会社へお問い合わせ下さい。詳しくは弊社海洋・河川事業部各営業部にお問い合わせ願います。お問い合わせはこちらまで。
センサー(アレック電子製含む)を修理・検定に出したいのですが、どこに連絡すればよろしいでしょうか?
最寄りの弊社海洋・河川事業部各営業部にお問い合わせ願います。お問い合わせはこちらまで。
INFINITYシリーズのMiniSDカードは市販のものが使用できますか?

INFINITYシリーズに使用しているMiniSDカードは、専用の高品質なカードを採用しています。一般市販品の御使用は動作保証いたしかねます。

INFINITYシリーズのMiniSDカード内のファイルをPCで直接消去してもいいですか?

MiniSDカードからデータを直接で読み取ることは可能ですが、ファイルを直接消去することは禁止しています。ファイル消去の場合には、必ずカードを測器に装着し、通信ソフト上からクリアを実行してください。どうしてもPCで消去したい場合は、カード全体をフォーマット願います。(FAT32でフォーマットを実行してください。)

INFINITY-EMの流向は流れ去る方向ですか?磁北基準ですか?

流向は、磁北を0 °とし、時計回りに流れ去る方向を示しています。真北基準の補正は行っておりませんので、お客様ご自身でお願いします。

適切な降下スピードはどのくらいですか?

必ず毎秒50cm/sec以内で降下させてください。理由は、以下の2点です。
①各センサーの応答速度の問題です。
降下速度が速いと、各センサーの応答が水深変化に追随しないため、精度の高い測定ができません。
②深度トリガモードで0.1mピッチの設定で観測を行う場合、高速で降下させると内部メモリーへの書込みスピードが、降下スピードと同期できない場合があります。その結果、鉛直プロファイルの測定結果にずれが生じる場合があります。

深度トリガモードで測定しているが、実際の水深よりも浅く出力される。

センサーゾンデ上部のパイロットランプが点滅状態のときに、降下を開始していませんか?
深度トリガモードでは、電源投入後20秒後にその時の深度の値を自動的にオフセットし、その時点から初めて測定開始となります。測定開始までは、センサーゾンデのパイロットランプが点滅を示しています。ランプ点滅中にも関わらずセンサーゾンデを降下させた場合、降下中に深度のオフセットがかかってしまうため、0m基準が異なる他、それまでの下降分数mのデータが測定できていない現象が起こります。必ず、ランプ点滅中は表層水に浸し、ランプ点灯を確認してから降下を開始してください。

タイムトリガモードで測定していますが、上昇、下降で測定データに相違があります。

下降の時のデータを正として扱ってください。
各測定センサーは、センサーゾンデ下部に配備されており、下降時に海水を乱すことなく測定するように設計されています。上昇時には、ロガー部で海水を乱す他、下層の海水をそのまま引き上げて測定する場合もあります。上昇時にも測定する場合には、各測定水深で測器を停止させ、安定させた状態で計測する必要があります。

DOの値が、低く出力されるようになった。

DOセンサー表面に油分がついていないでしょうか?
油分により、海水と膜とが接していない可能性も考えられます。一度、センサー表面を薄めた中性洗剤で洗浄してみてください。なお、シンナー等の溶剤での洗浄は厳禁です。

DO膜が剥がれている。

そのままでは、正確な測定ができません。膜を交換する必要があります。
膜が汚れていると感じた場合には、硬いブラシ等での洗浄は厳禁であり、柔らかい布で汚れを除去してください。膜を傷つけないように十分ご注意ください。

DOセンサーにキャップをする必要はありますか?

DOセンサー膜は、蛍光物質を塗布しており、紫外線による劣化を軽減するため、キャップを装着していただくようお願いしています。御使用でないときには、必ずキャップを装着してください。

DO膜の交換頻度はどのくらいですか?

使用頻度や、劣化状況にもよりますが、1年に1回の交換を推奨しております。

DOのキャリブレーションには、ゼロ、スパン校正が必要ですが、どちらを先に行えばいいですか?

DOのキャリブレーションは、無水とバブリングによる100%飽和水の2種の液体が必要となりますが、無水は、薬品(亜硫酸ナトリウム)によって作りだされます。ゼロ校正を行った後、スパン校正を行い、センサーに薬品が付着した状態で100%飽和水につけてしまうと、酸素が消費されてしまい、正確なスパン校正ができなくなります。

測器を認識しない。

・測器の赤外線センサーを、下向きにして置いていることを確認してください。多少傾いていても通信は行いますが、傾きすぎていると通信が不安定になります。
・測器内の電池が消耗している可能性があります。新品の電池に交換してから、再度データ転送を行ってください。

データ転送の途中で失敗する。

・測器をインターフェイスに置いた時に、測器の動作確認用LEDが点灯していることを確認してください。LEDが点灯していない場合は、測器に電池が正しく取り付けられていること、電池の残量が十分であること、測器の取り付け向きが正しいことを確認してください。
・ソフトウェアの[測器情報読込]ボタンを押した時に、インターフェイスの赤外線通信LEDが点滅していることを確認してください。LEDが点滅していない場合は、お使いのパソコンにインターフェイスのドライバーが正しくインストールされていることを確認してください。

メモリーのクリアに失敗する。

測器内の電池が消耗している可能性があります。新品の電池に交換してから、再度メモリークリアしてください。

メモリーはクリアしたのに、観測設定しようとすると「メモリークリアを行ってから実行してください」とメッセージが表示される。

測器内の電池が消耗している可能性があります。新品の電池に交換してから、再度メモリークリアしてください。

DEFI-Dxx、DEFI-DxxHGの深度用密度補正値や、DEFI-Lの観測環境の設定を間違えて観測してしまった。

・設定を修正した物理量ファイルを作成することができます。本体取扱説明書「5.4 rawファイルから物理量ファイルを作成する」に従って、変換係数を変更してから[CSV変換]を実行してください。
・rawファイルを修正したい場合は、当社までご連絡ください。

観測データを抜き出す前に、メモリーをクリアしてしまった。

クリアしてしまった観測データは、復旧することができません。メモリーをクリアする前に、観測データを抜き出しているかどうかを確認してください。

計算よりも早く電池切れで観測が終了した。

取扱説明書に記載している観測可能時間は参考値です。使用する電池や、環境温度によっても電池の持ち時間は異なります。特に、低温・高温下で使用すると電池の消耗は激しくなりますので、そのような環境下で観測を行う場合は、リチウム乾電池の使用を推奨します。

観測データに一部抜けている箇所がある。

観測中の測器に衝撃が加わると、その前後のデータが欠測する場合があります。観測中の測器に衝撃が加わらないよう、しっかりと固定してください。

DEFI-Tのセンサーヘッドに傷をつけてしまった。

水温センサーは、チタン製のセンサーヘッド内にあるため、センサーヘッド表面に多少傷が付いても測定値に影響を与えません。しかし、センサーヘッドがへこんでいたり、変形したりしている場合は、内部のセンサーにも強い衝撃が加わっている可能性がありますので、当社までご連絡ください。

DEFI-Dxx、DEFI-DxxHGのセンサー保護キャップの穴が、一部埋まってしまっている。

穴が1つでも開いていれば、測定値には影響ありません。しかし、すべての穴が塞がってしまうと測定値に影響してくるので、穴が塞がっている場合は本体取扱説明書「7.1.2 DEFI-Dxx、DEFI-DxxHG」に従って掃除してください。

DEFI-Dxx、DEFI-DxxHGの圧力センサー面に、傷やへこみがある。

正常に測定できなくなっている可能性がありますので、当社までご連絡ください。

DEFI-Lを水中で使用したが、表示される光量子の値が高いように感じる。

DEFI-Lを水中で観測した場合は、観測した環境の光量子ではなく、空中の光量子に換算した値を表示しています。

DEFI-Lのセンサー面に、傷や欠けがある。

正常に測定できなくなっている可能性がありますので、当社までご連絡ください。

今使用中のソフトは、Windows7 に対応していますか?
現在、弊社から出荷しているソフトに関しましては、一部を除きほぼ全て Windows7 に対応しています。(パーティクルカウンター用ソフトについては未対応)現在、お客様が御使用中のソフトにつきましては、御購入時期により未対応バージョンである可能性もあります。ソフトバージョン最新情報を御確認いただき、最新バージョンに切り替えることをおすすめします。※販売終了製品のソフトに関しましては、一部対応ができないのもがあります。御了承ください。
INFINITYシリーズのソフトを所有しているのだが、新しいモデルにも対応していますか?
ソフトバージョンの違いによっては、新モデルに対応できておりません。ソフトバージョン最新情報を御確認いただき、最新バージョンに切り替えることをおすすめします。
最新バージョンのソフトは、ホームページからダウンロードできないのですか?無料ですか?
ホームページからのダウンロードに関しましては、現在未対応です。ソフトのバージョンアップに関しましては、一部費用が発生する場合もございます。担当の営業スタッフまでご相談ください。
INFINITYシリーズの通信ソフトをPCにインストールしたのですが、測器を正しく認識しません。
インストールした後、初回はドライバ登録をする必要があります。ドライバー登録手順「3.USBドライバ(Infinityシリーズ通信処理ソフト取扱説明書より抜粋)」を参照いただき、ドライバ登録を実施してください。ドライバ登録を実施したにも関わらず、認識できない場合は、お問い合わせください。
コンパクトシリーズのソフトをPCにインストールしたのですが、通信ソフトを起動すると、エラーメッセージがでる。
インストールした後、初回はレジストリ登録をする必要があります。レジストリ登録手順(コンパクトシリーズ取扱説明書より抜粋)を参照ください。各OSによって手順が異なります。ご注意ください。また、OS がWindows7の場合、現バージョンが対応版かどうかもご確認ください。
メモリー計測器での長期観測を計画していますが、実際にどれだけ観測が可能ですか?
電池容量、メモリー容量の関係で、観測期間には制限があります。INFINITY シリーズでは、通信処理ソフト上で、観測時間、サンプル数を入力することにより、最大観測時間がわかります。それ以外の測器に関しましては、マニュアル上に計算方法を記載しておりますが、御面倒であれば、お問い合わせいただければ、ご回答いたします。
INFINITYシリーズの観測モードについて教えてください。
メモリー計測器(INFINITY シリーズ)の観測モードには、連続モード、バーストモードの2種類が用意されています。

連続モードは、観測インターバルの設定。バーストモードは、バースト時間、観測インタ ーバル、サンプル個数の設定により観測可能時間が変わります。以下をご参照ください。

INFINITY-EMの観測インターバル、サンプル個数の標準的な設定を教えてください。
データ処理ソフトでは、設定されたサンプル個数分のデータをアベレージ平均し、その結果を、バースト時間毎の流速値、流向値としています。観測インターバル、サンプル個数を多くとると、その分平均精度は上がりますが、電池容量に制限があるため、観測時間が短くなってしまいます。 潮流観測を目的とする場合、以下の設定をおすすめしております。

15昼夜観測の場合
10分バースト、観測インターバル1秒、サンプル個数60個・・・20日間の観測が可能。
30昼夜観測の場合
10分バースト、観測インターバル1秒、サンプル個数30個・・・40日間の観測が可能。

購入前に実際に測器を使ってみたいのですが
当事業部では、デモ機を所有しております。ご購入前に実際に測器を試用していただくことも可能ですが、貸し出しスケジュールの関係もございますので、ご希望の際には、お問い合わせください。
測器を点検校正に出したいのですが、その間、代替器を用意できますか?
申し訳ございません。代替器をご用意することができません。観測に空きがある期間で、点検校正をご依頼ください。
電池、消耗品等は、注文したらすぐに発送できますか?
基本的には、ご注文日の翌営業日の発送となっております。お急ぎの場合は、ご注文の際に、その旨を必ずご連絡ください。

また、リチウム電池に関しましては、一部空輸便での発送ができません。電池発送の注意をご覧いただき、早めのご注文をお願いいたします。

このページのトップに戻る